ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?年会費がかからないクレジットカードってあるの?

不景気な世の中はまだまだ続きそうなので日々の節約を工夫しながら自分でする必要がありますね。
毎日の節約に役立つのが、現金なしでショッピングできる1枚です。
何かの支払いの時にこれを使用するとポイントが貯まっていきます。
加算されたポイントは色々な商品と交換する事が可能です。
効率良くポイントを貯める為には還元率が良いものを使用する様にしすべての支払いを済ませるのが一番貯まる方法です。
現金が足りない時に役立つクレジットカードはカードを取り扱っている会社が沢山あるのでどこのカード会社で申し込みすれば良いか迷うという考えの人は沢山いると思います。

そんな時参考にしたいETCカード付きクレジットカードの選び方は年会費・金利に注目をしてみる事です。
年会費がかかるのが嫌だという場合年会費がかからないETCカード付きクレジットカードを。

ETCカード付きクレジットカードでキャッシングをする予定の人は低金利のカードがお勧めです。
不正利用されたETCカード付きクレジットカードの損害を保障する制度がありスリや窃盗で習得した第三者が悪用することによって名義人が受けた損害は発行会社が負担してくれます。

落としたり置き忘れた場合は、すぐに警察に届け出を提出し発行元の緊急センターにも連絡します。
60日前までさかのぼって、不正利用について補償してくれますが、61日以上前の事例に関しては適用されません。

番号や有効期限、名前を入力すればネット決済は完結し簡単に不正利用ができてしまいますので、特に注意が必要です。
事前対策としては、やたらとあちこちのサイトに番号を登録しないことやWEB明細にして頻繁に確認していれば、すぐに見つけることができます。

インターネットのサイトで買い物をする際に現金を使わないで電子データーで支払い手続きをする方法をネット決済と言います。
いくつかの支払い方法がありますが、ジャストペイド方式のデビットカードでも利用できます。

利用者は出かけなくても自分の都合の良いときなら昼夜を問わずに買い物ができるところが利点です。

売る側はホームページに商品をUPしておけば良く営業時間が関係なくなるので自由に作業ができます。

一見すると便利な支払い方法なのですが特に海外サイトを利用する際は用心が必要です。

皆さんはETC カードを作る際にどういった内容を重視してカードを申し込みましたか?所持しているクレカからそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを持っていない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て作ったのかを調べてみました。

高速道路をあまり利用しないという方は年会費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率の高いカードを選ぶ方が多いようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや自営業の方では仕事用と私用で決済を分けるために複数枚持つ方もいるようです。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞くことがあります。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となる人も増えています。

一見自由そうに見える個人事業主の方の多くが慣れない経理業務は面倒だと感じているそうです。

特に計上回数が多くなりがちな交通費は毎回領収書を出して保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できればビジネス用の法人口座からまとめて引き落として処理しておきたいですよね。

車で高速道路を通行する時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

法人用のカードは基本的に作り方自体は個人用のカードと同じですが法人用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

会社設立後の1つの関門とされています。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査において優遇されているので社会人になる前に早めに申し込みをして作りましょう。

また、審査が優遇される以外にも学生限定カードだとポイント還元率のアップやある年齢(例えば26歳)まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

申し込みする際に車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

最近ETCカードが欲しいと思って調べていたところあまり世間的に知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、ETCカードは車載器がなくても利用可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由としての人件費削減や渋滞の解消が目的という部分が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのためクレカなどの通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや夜間割引などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は損しないために車載器を付けましょう。

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを持っていると思います。

基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよく買い物をされる・よく車を利用するという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったお得なカードを探してください。

皆さんは高速道路を走行する時にETCカードを使っていますか?もし使っていないならすごくもったいないです。

どうしてかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している高速道路の地方部利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引適用外区間でほとんどの人が経験したことがあると思う料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカを発行している会社に追加で発行してもらうかサブのクレカと一緒に発行してもらいましょう。

車で遠くに出かけるときに便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどういった違いやメリットがあるのでしょうか。

多くの人がチェックするのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費については大きく分けて3つのタイプに分類され、年間の利用額を問わない年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく毎年、年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても同様に無料と有料のカードがあり、発行費が有料なカードだった場合、多くのカードで更新費も有料になっていることが多いです。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを利用していると思います。

参照:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや料金割引が適用されて一般レーンを使うより安価でお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると一般レーンの普通車料金が3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカの特典次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

夏休みや春休みに友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

クレカ会社で申し込み、発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しETCパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを作っていなく銀行のキャッシュカードしか手元にないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかし普通のキャッシュカードと思っていたらクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETCのゲートを通るときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としにしてしまうと何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合に料金所出口で通過ができなくなってしまうからです。

1、2年ほど前からキャンピングカーを借りて旅行するのが人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの使用を考えると思いますがレンタカーでのETC利用自体は車載器に挿せば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスでは本人確認を行うために登録情報として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などいくつか情報が必要になります。

レンタカーで利用した場合、車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録をすでに行っている、もしくはETCカードの登録をすでに行っているなどの場合は新たに登録する必要はありません。