クレジットカードの裏署名は必要?

クレジットカードには必ず裏面に署名をする欄が備わっています。
この裏署名を空白のまま放置している方がとても多いのですが、特に海外などでクレジットカード決済を利用する際には、本人であることを確認するための重要な判断材料となりますので、必ず裏署名をしておくようにしましょう。
裏署名をしていないことで、海外で盗品や偽造品ではないかなどの疑いをかけられると非常に面倒です。
ただしこの署名なのですが、実は必ずしも本名である必要はありません。
英字でも漢字でもよいのは多くの方がご存じでしょうが、好きな言葉や一文字の漢字のみでもOKなのです。
要は筆跡を判定するためのものですので、サインをする際に裏署名に書かれているものを再現できれば問題ありません。