おまとめローンの仕組みを解説?消費者金融の口コミ

初めてアコムで借金すると30日の間は利息が発生しないそうです。

先ほど、そこのページで調べてきました。

そういうことであれば所持金が少し不足した時に割りと気にしない程度に用いることができると思います。

私は、家庭用掃除機ルンバがあったらなと思ってるのですが、それを買うために使ってみたくなりました。

いかにカードローンを使うかで大変役に立ちます。

他方で、カードローンで借りるを利用するためには、クレジット会社の審査に合格する必要があります。

この審査によってはじかれた人は、これまで3か月以上返済できずにいてクレジットカードの解約が強制的に行われたことがある、いわば、ブラックリストに書かれてしまった人なのです。

少額のカードローンをしたいけど、キャッシングで借入が行える一番低い金額とは、どれぐらいからなんだろう、という人も多いのではないかと思います。

答えは一般的に個人融資でカードローンで借りるできる最低の額は、1万円ということになっていますが、千円単位でのキャッシングも行っている消費者金融もあります。

ちょっと昔だったらキャッシングを申し入れする時に1万円よりという設定の会社が大部分でした。

しかしこのごろでは千円単位で申し込みが可能な会社も増えてもし初めに借り入れた金額が1万円であったにしたってATMよりお金をおろす際には千円単位を可能としている会社もあります。

数社からカードローンで借りるをして、一つにまとめたいと思う場合はもちろん出てきます。

そのような時はおまとめローンというものを使ってみてください。

こうしたローンを利用することによって、いくつかの借入金をすべてまとめてしまうことができるということになります。

これは借金を返していくことが容易になる良い方法でもあるのです。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

月々の返済総額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

参考:おまとめローン仕組みは?総量規制対象?【消費者金融はどう?】

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

おまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在、利用しているローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。